2017.02.17貴女は60や70になってもハイヒールで歩けますか?
ハイヒールが苦手になってきていませんか?

ふと気が付くと靴箱の中にはローヒールやぺったんこの靴ばかりになっていませんか。この間ホテルのアーケードに店を構えるオシャレな靴屋さんの店長さんから、

お客さんが高齢化してきてだんだん高い靴を履けない人が増えてきた、

という話をため息交じりに聞きました。

たしかに足の力が衰えてきて長時間歩けなくなったり、歩行器や杖に

頼ったりする高齢の方を日々目にします。

たしかにハイヒールはヒールの高さの分だけ重心位置が上がるので、不安定になります。

それに加え、確かに形状が不自然ですから、足への負担は少なからずあります。

若い頃からハイヒールを履き続けることによって、足の筋力が落ちてくると、

外反母趾や内反小趾などの不具合も出てくるようになります。

かくいう私も 40半ばを過ぎたあたりから ローヒールやスニーカー状の

靴が多くなり、ハイヒールがなかなか履きづらくなってきていました。

いつまでもハイヒールでもしっかりときれいに歩けるためには・・・しかしここ2、3年 レッスンでボールを足でつかんだり、足関節のほぐしや

足指じゃんけんなど足指のワークとともに、つま先立ちや歩き方の講習などを受けたり

して、下肢筋肉のトレーニングを重ねるうちに、いつの間にか、再び8センチのハイヒール

で歩くことができるようになったのです。

昔は足指の間を開いたりはもとより、ボールやタオルをつかむということも苦手でした。

しかしレッスンやお風呂でたまに続けていると筋肉って鍛えられるのですね。

先日は自宅から会社まで30分余りの距離をハイヒールを履いて歩くことも

でき、そのあとも足の痛みもなく、これはまるでキセキのようでした。


いくつになっても体は鍛えられる、足も変わるんです。

少しずつ、続けることでシューズクロゼットで眠っている

昔の靴も再び履くことができるのは、ホント夢のようですね。


からだを支える足がなえてしまうと動物としての基本、

動くことも不自由します。 脚で床を押す力、前に一歩を踏みだしたり、蹴りだす力

そういった足の筋肉を目覚めさせ、靴や地球の引力に負けない

強い足とからだを一緒に作っていきましょう。

土曜の朝、美脚トレーナー金井道代先生がお手伝いしてくださいます。

美脚トレーナーのボディメイク&ウォーキング / 2017年3月4日(土) 10:30〜12:00