尾陰由美子プロデュース

フィットネスブームを担ったインストラクターがやはり最終的にたどり着くのは心や体と運動との関係。それには医療や医学の知識は欠かせません。私が尾陰さんに出会ったときに感じたのはその医学的知識の豊富なこと。裏付けのある指導は説得力に満ち溢れています。そしてヨガでもピラティスでもより効果的に行うには何より体をニュートラルな状態に戻してやることです。コンディショニングにはそれが欠かせません。パナシアのすべてのプログラムは尾陰由美子さんが監修しプロデュースしています。(SEIKO)

尾陰由美子プロフィール
PHOTO
尾陰 由美子 Yumiko Okage

1960年1月29日生まれ

(有)アクトスペース企画 代表取締役
NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会 会長 

肩書き

  • NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会会長
  • パンジョクラブIZアドバイザー
  • スポーツフォーラムシーマックスアドバイザー
  • エイムアクアアドバイザー
  • 関西支援フィットネス実行委員
  • AVIA プロモーションスタッフ
  • 大塚製薬 フィットネスプロスタッフ
  • (社)日本エアロビックフィットネス協会代議員

資格

  • 健康運動指導士
  • ヘルスケアトレーナー、心理相談員
  • 産業カウンセラー
  • (財)日本体育施設協会トレーニング指導士
  • (社)日本フィットネス協会ADI
  • (社)日本フィットネス協会AQS
  • アクアダイナミックス研究所ADI/AEA
  • ジャイロトニック認定トレーナー、ジャイロキネシス認定トレーナー
  • ピークピラティスPPS1認定インストラクター
  • NOSSマスター講師、認定インストラクター

履歴

大阪府堺市出身。17歳の頃からモダンバレエを始め、19歳の時に東京で演劇活動を始める。演劇活動と平行しながら、21歳よりジャズダンス、子供バレエ、バトントワリングなどの指導を行い、23歳の時にエアロビクスに出会い本格的にフィットネス活動を始める。
スタジオウィルチーフインストラクターを経て、25歳の時に大阪のパイナップルシティでマネージャ兼チーフインストラクターとして、インストラクターの養成、研修、新規プログラムの企画開発に関わり、結婚出産を機に1988年1月「アクトスペース企画」を設立し、
1999年5月「(有)アクトスペース企画」
2005年4月「NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会」設立
2007年4月堺市中百舌鳥にMind&Body Conditioning Studio five ‘f’をオープンさせる。
現在に至る。

自己紹介

スタジオのエクササイズから水中のエクササイズまでありとあらゆるプログラムを指導。多くのフィットネスクラブのアドバイザーを務めながら、新規プログラムの開発、人材育成、様々なシステムの構築、イベント企画に精を出している。
特に25年以上、腰痛や膝痛などクライアントのさまざまな機能障害に付き合って、運動を指導してきました。ドイツやイタリアなどヨーロッパで運動療法を学び、それを取り入れた「機能改善体操」を開発。
また、フランクリンメソッドやアレクサンダーテクニークを学ぶことで、脳や心との関係をボディワークに取り入れて、身体をよりスムースに心地よい状態に導くことを大切にしている。
グループ指導からパーソナル指導までこなす。
また、全国を飛び回っての啓蒙活動(ワークショップ、研修、養成コース)に忙しい日々を送っている。

スマホ・モバイルサイト

アクセス

大阪府大阪市中央区内本町1丁目2番6号
パナシアビル5F
(谷町四丁目駅 3番出口から徒歩2分)